2019年05月15日

SANYO掃除機

昨日は4年くらいで壊れてしまう
プリンターのお話でしたが、
我が家には30年以上も使っている
日本製の掃除機があります。
三洋電機製の掃除機です。
2019-5-15a.jpg
今でも工房内でガラスクズなどの掃除に、
ガンガン現役で使っています。
裏返して製造年を確認してみると、
1987年の1月〜6月期製造と書かれています。
2019-5-15b.jpg
なんと昭和62年製です。
平成の時代を完全に乗り越えています。
32年も前に作られた掃除機です。
私もまだ26歳のころに買ったものなんですね〜
その頃は確か東京の葛飾区堀切にある、
6畳一間のアパートに住んでいて、
立石にある居酒屋の厨房で料理人として働いていました。
多分アパート近くの小さな家電屋さんで買ったものでしょう。
あの頃を想い出すとほんとに懐かしいです。
あれから福井に一旦帰って、
ご飯屋さんを3年ほどやって、
大阪〜名古屋とガラス商社に20年ほど勤めて、
そしてまた福井に帰ってきてから
今のガラス工房をやっています。
その間、ずーっとこの掃除機だけをメインで使っています。
その間にはハンディタイプのクリーナーなんかも
便利かと思いいくつか買いましたが、
すべて2〜3年で壊れて使えなくなりました。
ほんとに私の人生と共に身近にあった掃除機です。
まだまだどこも悪い箇所も無くて、
元気にゴミを吸ってくれています。
ホース類の付属品もすべてそろっています。
去年、fuの取材でカメラマンが来た時に、
この掃除機を見つけてとても感動していたのを
思い出しました。
今の家電掃除機はやたら多機能で
デザインがオシャレなだけで、
日本製でも5年くらいで
買い替えなきゃいけないように
すぐに壊れてしまいます。
電気屋さんも当たり前のように、
もう買い替えの時期ですね〜・・・と言います。
使い捨てが当たり前になっている現代では、
こんな掃除機みたいにシンプルで
長〜い年月使える丈夫な家電は、
もはや作られないのかも知れません。
もうここまで来たら
この掃除機を私の人生が終わるまで、
使い続けようと思っています。
私の大切な宝物であり相棒ですね。
posted by kasho at 06:40| Comment(0) | 日記