2020年02月29日

ソーダガラスペン作り

久しぶりのソーダガラスペン作りです。
2020-2-28.jpg
これからペン先仕上げしていきます。
今日は2月29日です。
今年はうるう年なんですね。
明日から3月、もう春はそこまできています。
posted by kasho at 06:47| Comment(0) | 日記

2020年02月28日

NEW 金魚ガラスペン

新しい金魚のガラスペンを作ってみようと思います。
とりあえず金魚のデザインを
PCで描いています。
2020-2-27.jpg
今回の金魚ペンはちょっと手がこんでいるので、
完成までにはかなり時間がかかりそうです。
いちおうイメージとしては完成していますけれど・・
posted by kasho at 02:54| Comment(0) | 日記

2020年02月27日

ポテサラ

毎週のようにポテトサラダを作ってます。
野菜室の整理にもなるし
何よりも安くて自分好みのポテサラが作れるからです。
ジャガイモと人参を茹でます。
2020-2-26a.jpg
以前リンゴを入れて失敗したので
王道の食材しか入れません。
リンゴやミカン缶などのフルーツ系を入れると、
味が子供っぽくなってダメです。
茹でたてジャガイモが熱いうちに皮をむくのが大変です。
2020-2-26c.jpg
ジャガイモはゴロゴロではなくて
なめらかになるまでつぶすのが好みです。
30分くらいでなめらかポテサラの完成です。
2020-2-26d.jpg
これだけあればしばらくいろんなご飯に使えます。
2020-2-26e.jpg
昨日の夕食はポテサラ付きの生姜焼きでした。
湯豆腐付きです。
2020-2-26f.jpg
どんなお店で食べるよりも美味しいのです。
posted by kasho at 05:46| Comment(0) | 日記

2020年02月26日

子供金魚

昨日ホームセンターに行ったら、
可愛らしい金魚を見つけました。
体長5cmくらいの子供の琉金です。
実は家にいる琉金ちゃんが
丹頂とオランダシシガシラとの
体格差がありすぎていつも少し押され気味になっているので
小さな琉金の仲間をずっと探していたのです。
たくさんの金魚ショップをまわって
ようやくお目当ての子供琉金が見つかりました。
1匹でもよかったのですが
もしも小さすぎて1匹だけでいじめられるといけないので、
色がきれいで元気そうな子供琉金を2匹買いました。
2020-2-25a.jpg
まずはビニール袋に入ったまま水槽に浮かべて
1時間ほど水合わせをしました。
2020-2-25b.jpg
水合わせもできたのでいよいよ水槽に入れます。
可愛らしい2匹の子供琉金です。
2020-2-25c.jpg
すぐに2匹そろって元気に泳ぎまわりました。
古参の金魚たちは昼寝しています。
2020-2-25d.jpg
丹頂とオランダシシガシラと比べると
およそ4倍くらいの体格差があります。
2020-2-25e.jpg
大相撲に例えると丹頂とオランダが東西両横綱で
古参の琉金が大関クラス、
新入りの琉金2匹が新弟子のような感じです。
それでも6時間くらいすると
新弟子ちゃんたちもこの水槽に馴染んでくれて
みんなと仲良く泳ぎ回っていました。
2020-2-25f.jpg
子供金魚らしく泳ぎも速くて元気です。
古参の大関琉金も同じ仲間として
喜んで受け入れてくれた感じです。
琉金同士3匹そろって遊んでいます。
これで5匹の金魚になりました。
大きな水槽も一気に若返って賑やかになりました。
この子たちのためにも
頑張って仕事しなくてはいけないですね。
posted by kasho at 06:33| Comment(0) | 日記

2020年02月25日

金魚 初水替え

金魚の新しい水槽になって
初めての水替えをしました。
まだ水替えには早いのですが
最初にいろいろ中をいじったので、
水が予想以上に汚れてしまいました。
金魚の健康にとって大切な
バクテリアも住み着いてきたので、
水だけ抜いてきれいな水に入れ替えるだけです。
水替え中は金魚たちはタライの中に移します。
まだ家に来て1年も経っていないのに、
ほんとに立派な体格になりました。
金魚の品評会に出せそうなくらいです。
2020-2-24a.jpg
水草のレイアウトも決まっているので、
比較的短時間で水替えができました。
2020-2-24b.jpg
水質と水温の調整もできたので
金魚をきれいになった水槽に移します。
2020-2-24c.jpg
金魚たちも新しい水槽のレイアウトに慣れてきて、
最近はよくナノバブルのエアーレーションで、
遊ぶようになりました。
2020-2-24d.jpg
細かな泡できっと気持ち良いのでしょうねぇ〜♪
ほんと可愛くていつまでも観ていられます。
posted by kasho at 04:20| Comment(0) | 日記