2021年12月10日

Extra Fine

私のガラスペンにはExtra Fineという
極細の字幅設定があります。
硬質ガラスペンに限っての字幅で
ソーダガラスペンにはEFの字幅設定はありません。
試筆例はこんな感じです。
2021_12-9a.jpg
かなりの細字です。
2021_12-9b.jpg
この字幅で滑らかに
きちんと書けるように作るのも大変です。
ただ、ペン先字幅の設定は公的に決められたものではなく、
あくまでもそれぞれのガラスペン作家の感覚です。
万年筆の字幅設定もメーカーによってバラバラです。
大きく分けてExtra Fine(EF/極細)・Fine(F/細字)
・Medium(M/中字)・Broad(B/太字)の4種類ですが、
さらに細かくそれら中間の字幅もあります。
最近流行りのラメ入りインクを使う場合は
Broad(B/太字)の字幅で書くと
ラメインクが映えます。
Extra Fine(EF/極細)の字幅でラメ入りインクを使っても、
ラメインクはほとんど映えません。
またEF字幅先端の極細溝にラメがこびりついて
インクフローが悪くなってしまうこともあります。
ラメインクを使う場合はMedium(M/中字)以上のペン先をお勧めします。
使用するインクによって
ペン先字幅の適性があるのですね。
posted by kasho at 08:05| Comment(0) | 日記