2022年11月05日

最終焼成

いよいよ電気炉での最終焼成に入ります。
1年がかりでUSAより取り寄せた、
大皿用の素焼きモールドに離型剤を
しっかり塗って電気炉にセットします。
2022_11-3c.jpg
スランピング用の焼成プログラムを組みました。
ガラス自体の重量も考慮して考えた、
特別な焼成プログラムです。
もし、今回で3度目の最終焼成に失敗したら、
今までのことがすべてが終わりになるので、とても緊張します。
ガラスをモールドに乗せてセットします。
2022_11-4a.jpg
均一に曲がるように水平器を使って、
出来る限り水平になるように微調整しました。
2022_11-4b.jpg
スタートボタンを押して焼成スタートです。
トップ焼成が終わった直後に蓋を少し開けて
中の状態を一瞬だけ確認しました。
2022_11-4c.jpg
良い曲がり具合のようです。
やっくり確認しているとガラスが急冷され割れてしまうので、
すぐに蓋を閉めて徐冷プログラムに入りました。
あとは常温になるまで電気炉にお任せです。
只々祈るような気持ちで待つだけです。
posted by kasho at 07:42| 日記