2019年12月13日

銀河ガラスペン

最近は硬質ガラスペン作りが主流になっていて、
久しぶりのソーダガラスペン作りです。
硬質ガラスとソーダガラスでは、
ガラスの硬さが全く違うので
酸素バーナーや工具もすべて交換しての作業になります。
加工する力加減も変えなくてはいけませんが、
ソーダガラスの方がキャリアが長いので、
手の感覚はすぐに戻ることができます。
まずはペン軸作りです。
2019-12-13.jpg
今回は新作の銀河ガラスペンです。
星が光るイメージで蓄光材が入っています。
posted by kasho at 05:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: