2020年05月11日

コバルト・ドワーフグラミー

新しい水槽に入れるお魚は、
メダカにするか熱帯魚にするかで
いろいろペットショップを見て回り、
ずいぶんと悩みました。
そして最終的に熱帯魚を選びました。
早速お魚と一緒にヒーターやエサも合わせて買ってきました。
2020-5-9a.jpg
追加で水槽に入れる流木水草と石です。
2020-5-9b.jpg
熱帯魚はコバルト・ドワーフグラミー
という難しい名前ですが
名前の通りコバルトブルーのとてもきれいなお魚です。
2020-5-9c.jpg
水質を調整して熱帯魚の温度に上げます。
水温は26度にヒーターで適温調整されます。
2020-5-9g.jpg
コバルト・ドワーフグラミー3匹を水槽に入れました。
2020-5-9e.jpg
オス1匹とメス2匹です。
いずれ卵を産んで繁殖してくれるかも知れません。
2020-5-9f.jpg
とてもおとなしい性格でゆったりと泳ぎます。
ちょっとしたことですごく驚くので、
お世話するのも慎重にしなくてはいけません。
とてもアマゾン川に住んでいるお魚とは思えません。
繊細な神経に加えて食も細い感じで、
人懐っこく食欲旺盛で元気いっぱいの金魚とは、
性格や育て方が全然違う感じです。
夜になると水槽はよりキレイになります。
2020-5-9h.jpg
コバルト・ドワーフグラミーはガラスに例えると、
イリディセントコバルトブルーのお魚です。
私の大好きなガラスのカラーです。
私にとってはキレイで繊細なガラスが、
水槽の中で泳いでいるようなものです。
分かる人にしか分かりませんよね〜♪
あまりにキレイ過ぎて、
いつまでも、ずーっと眺めてしまうのでした。。
posted by kasho at 04:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: